大阪ウルトラマラニック開催へ向けての奮闘記です。
<< あと一日 | main | いよいよ土曜! >>
0
    長い距離を走るということ

    家に着き、眠いような

    でも寝付けないような苦笑


    そこで、第一回の大会直前に書いた

    2009年のブログを、コピーして貼り付けます。

    今年の大阪ウルトラの特徴のひとつは

    初ウルトラの人が多いこと、、


    水都はエイドがいいでー

    楽しいでー

    って噂を聞いてきましたって方が多いのですが

    エイドに食べ物いっぱいあっても

    脚が動かなきゃ

    走り続けなきゃゴールは無いですからね笑笑


    水都大阪を始めた時、大会直前にみなさんに書いた当時のさたの気持ち

    これは10年経っても一緒なので、、

    今夜は、コピペしますね、




    長い距離を走るということ


    さあ、毎日実行委員会奮戦記的な日記ですが、今夜はちょっと

    ウルトラランナーらしい日記を書こうと思います。

    お付き合い下さい。


    私が初めてウルトラに挑戦したのが1991年でした・・・

    うーーーんと昔ですねぇ

    当時まだ20代だったのですよ(笑)

    あれから、本当に沢山のレースを走ってきました。

    多くの先輩から色んなことを教えていただき、

    お世話になってきて、一応いっちょまえのウルトラランナーにしていただいた

    そんな感じがします。

    うんと前の日記にも書きましたが、ほんとへたれなランナーだったのですよ!

    ひどかったですねぇ(笑)

    気がつけば、わずかな走力を根性と体力で走っていっちょまえになった

    そんな感じですが、根性なんて本当は皆無でしたね(苦笑)


    じゃあ、なんで走れたか?


    私、これでもある時期、ウルトラではジャパンのユニフォームを着てました^^

    ホント、不似合いですわ〜

    ただ、その時、なんで頑張れたかって言うと

    自分のことを応援してくれている人の気持ち

    支えてくれている人の気持ちにこたえたい・・・・


    それだけです。


    自分のためならいくらでも諦められる。

    でも・・・きつい場面で思い浮かぶ人の顔が多ければ多いほど

    諦められないですよね。


    その時に、ウルトラは走れたらそれでいいんじゃないなって思いました。

    いかに日ごろから丁寧に生きているか。

    人間性そのものを問われているのがウルトラだなって思うようになりました。


    人を裏切らず、丁寧に生きること。

    それが、きつい場面を乗越える力になると・・・


    我慢強くなりました。

    我慢強いことが、マイナスになることも正直多いですけど(笑)


    ギブアップしない。飽きない。ことについては自信があります^^




    でね、今回初めてウルトラに挑戦する人へ。

    まずは、きついのは当然なんですよ。

    私は、いつも笑顔で走っていたらしく、「さたさん楽しそう!」

    って言われたのですが・・・そんなねえ250キロとか48時間とか

    走って楽しいわけが無いのですよ。

    でもね、笑っているんです・・・めったとつらい顔をしたことは

    ありません・・・

    それってね、心配させたくない、一心かな。


    だから、思うんです。自分で辛い、しんどいにハマッてはいけない。

    辛い中でも笑う努力。応援ありがとー

    エイドありがとー

    ゴールで待っててくれてありがとー

    そう頭の中で辛いより苦しいより、最優先に組み替えるんです。


    ボランティアの方って、本当にボランティアでまるまる

    一日支えてくれてるんですよね。

    オリンピック選手でもプロでもない自分のために、無償で

    やってくれている、そういうところに意識を持っていけば

    ふててる場合じゃ無いですよね。


    たいしたランナーでは無かったですが

    つねにレースとなれば、自分だけのレースでは無いと思っていました。

    そうして自分のためだけなく、誰かのためにと思える人が

    増えるほどに、きつい場面でも逃げない力になっていました。


    みなさんにも、家族や仲間や、祈るように応援してくれる人が

    いますよね・・・

    どうかそれをプレッシャーだと感じずに

    ピンチを意笑顔で乗り切る力にして下さい。


    それから、この距離。なかなか戦闘モードだけでは走れません。

    マラニックだからなおさらです。

    いろんな参加者の方とおしゃべりしながら、走って欲しいと思います。

    その時、その時、ペースの合う人と併走をし

    また別れ、また違うペースの合う人と出会う。

    出来ることなら、そんな風にこの大会を通じて沢山の知り合いを

    増やしてほしいです・・・


    ゴールで喜びも悔しさも分かち合える人がたくさん出来るといいですね。



    私は、そんなにコース上でみなさんにお声を掛けれる機会が無いかもしれませんが

    出来ることなら、すべての方とお喋りしながら走ってみたい気持ちでいます。



    楽しいだけの距離では無いですが・・・・

    痛いのも辛いのもウルトラには当たり前のつき物です。

    永遠に続くものではありません・・・・・

    無茶は禁物ですが

    多少のことではブレないで、ゴールを目指して下さいね。


    そうして、たどり着かなかった時は、これは納得がいくものです。



    結局・・・アマチュアスポーツですから、行き着く先は「自己満足」

    なんですね。

    それでいいんです。


    どうか自分で満足のいく走りをして下さい。


    1000人1000色のウルトラを!

    と願っています。




    | 大阪100kmウルトラマラニック | - | 01:01 | - | - | - |
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ